アトピスマイルは赤ちゃんの肌荒れに優しく作用する!?

アトピスマイルは赤ちゃんの肌荒れに優しく作用する!?

アトピスマイルは報道ステーションや小学館新書「アトピーに朗報!」にて紹介されました。

 

クリーム、薬用入浴液、透明石けん、薬用ボディローションがあります。

 

アトピスマイルは赤ちゃんの肌にもつかえます。それは無香料無着色、ステロイドフリー、カゼインが入っていないのと

 

「ライスパワーNo.11」が配合されているからです。

 

☆ライスパワーNo.11とは

 

ライスパワーNo.11とは日本酒をつくる途中に発見された物で、皮膚がもともと持っている水分保持能を引き出し、

 

身体機能そのものを改善・健全化していきます。ライスパワーは、厚生労働省が医薬部外品の効能として、

 

唯一水分保持能の改善を認めた成分です。

 

ステロイドとどうちがうのかというと

 

ステロイドはステロイドの効能は、炎症を抑える免疫機能の抑制があります。

 

ですが、お肌がもともと持っている能力を引き出す物ではありません。

 

そして効果がある一方深刻な副作用が認められています。

 

皮膚が薄くなる、毛深くなる、感染症にかかりやすくなる、

 

ニキビのようなものができやすくなる、副腎皮質の機能が低下する等です。

 

☆アトピスマイルはカゼインフリー

 

2014年アトピスマイルクリームは牛乳由来のカゼインを含まない処方になりました。

 

カゼインは牛乳の80パーセントをしめる成分です。

 

赤ちゃんが牛乳アレルギーだった場合カゼインが含まれているクリームをのるとアレルギー反応をおこしていまい

 

肌が荒れてしまいます。

 

せっかく赤ちゃんの肌荒れを治そうとクリームを塗って、余計に肌が炎症をおこしては元も子もありません。

 

アトピスマイルは2014年にカゼインフリーになりました。牛乳アレルギーの赤ちゃんにも安心して塗っていただけます。

 

 

 

☆赤ちゃんに使った人のレビュー

 

私の赤ちゃんは生後5ヶ月ごろに口の周りが荒れ始め病院に行くとアトピーと診断されました。

 

赤ちゃんがアトピーをかゆがる姿を見るのは本当に辛いです。

 

寝ながら肌をかいて傷ができるので、手袋をはめさせたこともありましたが、それでは根本的な

 

解決にはなりません。

 

アトピーに良いときけば様々な物を試しましたが口の周りに塗ることのできるクリームが少ないのと

 

仮に口の周りに塗ることができても、塗ってみたら逆に肌の炎症がひどくなってしまったこともありました。

 

そんななかママ友からアトピスマイルの話を聞きました。そのとき初めてライスパワーNo.11のことを

 

知りました。わらにもすがる思いでアトピスマイルを塗ってみたところ炎症が少し治まったような感じがしました。

 

それからお風呂上りに毎日塗っていました。すると日に日に炎症がおさまり始めました。

 

またアトピスマイルは病院でもらった薬とも併用することができるそうで、病院でもらったステロイドの薬に

 

頼りきりになりたくないので、アトピスマイルをぬってから、病院でもらった薬をつけています。

 

今のところ炎症はおさまっています。

 

どうでしょうか、アトピスマイルの効果はおわかりいただけたでしょうか?